「坊っちゃん」の中の高知

夏目漱石の「坊っちゃん」を読み返しています。

以前読んだのはたぶん中学生の頃。東京にしか住んだことのない、四国も松山も知らない頃です。

内容はもうほとんど覚えていないのですが、四国に住んでいる今読んでみたらどんな発見があるのか知りたくて読んでみました。

「坊っちゃん」ではまず松山がものすごい田舎だと書かれています。 “「坊っちゃん」の中の高知” の続きを読む