池の畔をゴミ拾い

沖名調整池

家から歩いて5分ほどのところにある戸梶川調整池(表題写真)で、村の呼びかけでゴミ拾いがありました。

調整池というのは、自然の池ではなく戸梶川が増水したときに川から溢れた水を貯めて水害を防止するために作られた人口の池です。日高村は長い水害の歴史を持つ地域なので、このような調整池が村内に2か所あります。

今回のゴミ拾いは、職場で席を隣り合っている友人が数週間前から必死に準備してきました。 “池の畔をゴミ拾い” の続きを読む