おらんくの屋形船

都心から来た人たちを迎えて屋形船で鮎を食べました。

面白いことに地元の人は鮎の頭や骨を残したのに対して、都心の人たちはみな骨まで残さず全部食べてくれました。ちなみに私は頭を残しました。とても上等な鮎でしたが骨まで食べるには少し大きいようでした。だいぶ地元に馴染んできたようです。 “おらんくの屋形船” の続きを読む