「坊っちゃん」の中の高知

夏目漱石の「坊っちゃん」を読み返しています。

以前読んだのはたぶん中学生の頃。東京にしか住んだことのない、四国も松山も知らない頃です。

内容はもうほとんど覚えていないのですが、四国に住んでいる今読んでみたらどんな発見があるのか知りたくて読んでみました。

「坊っちゃん」ではまず松山がものすごい田舎だと書かれています。 “「坊っちゃん」の中の高知” の続きを読む

高知の「武」に親しむ

せっかく幕末の志士で有名な高知に住んでいるので、武道に接したいとかねてから思っていました。

ようやくその願いが叶い、来週、居合道の見学へ行くことに。

しかし、居合の先生に悪いのであまり大きな声では言えませんが、高知武道の真髄は、今日も練習してきた太刀踊りだと思っています。 “高知の「武」に親しむ” の続きを読む

太刀踊り再開

3日間の連休も終わり、太刀踊りの練習が再開されました。

夜、集落に鉦の音が響き渡るのは風情があり、練習開始までまだ時間がありましたが、居ても立ってもいられなくなります。

参加者は定年後のおんちゃんと子どもたちがメイン。 “太刀踊り再開” の続きを読む

太刀踊り始まる

今年も太刀踊りの季節が始まりました。

酒豪のおんちゃんとの壮絶な飲み会の1週間です。コップで日本酒をがぶ飲みしてきました。

昼間、イオン高知へ人気芸人の三四郎を観に行ったのが遠い昔のようです。

明日からも太刀踊りの練習&飲み会は続きます。