現実は静かに妥協する

以前、がんばって保護を試みていたのら犬のシロ(表題写真)。

保健所や小動物管理センターの職員も必死に捕獲を試みましたが、ことごとく失敗し、結局保護しても「この犬は歳もいっているし、人に懐かないので飼い主は見つからないだろう」ということで、経過観察ということに。

そのまま時が経ち、いつのまにかすっかりシロのことを忘れていました。 “現実は静かに妥協する” の続きを読む