感覚の地域差

埼玉に住んでいる頃、近所の畑に恐ろしいカカシがいました。

長さ1メートルほどの棒の先に金髪マネキン女性の頭部が突き刺してあり、それが5、6本畑に並んでいます。

「あそこの畑は気味が悪い」「あれで鳥が逃げるのか」などと近所でいろいろ言われていましたが、今考えてみると人間を近づけないためにあんな恐ろしいカカシを立てていたのかもしれません。 “感覚の地域差” の続きを読む