オムライス街道を紹介します

あまりにも身近で、またあまりも大事なものなので、いつかこのブログで書こうと思いながらオムライス街道のことをつい今日まで書かずにきてしまいました。

この先、いつまでがんばってもこれ以上文章もうまくなりそうにないので、出し惜しみせずオムライス街道のことを時々書こうと思います。 “オムライス街道を紹介します” の続きを読む

古い村役場

今年の仕事始め。朝一で悲しい知らせが入ってきました。

ポケモンGOのポケストップ「古い役場」でおなじみの日高村役場が建て替えの計画に入った話が流れてきました。

昭和50年築の建物は台風で水害にあったりと風雨にさらされながら今日まで活躍してきました。

コンクリート製なのに風が吹くと揺れるほど老朽化した建物は古き良き昭和感いっぱいで寅さんのような懐かしい日本映画にぴったりな風情が漂っています。

あと5年もすれば歴史的建造物になるんじゃないかと期待していましたが、今回建て替えの検討が始まったと聞き悲しんでいます。映画のロケに使ってほしいなと思っていましたが、一枚も写真を撮っていないことに気づきました。

計画が流れてしまうことを期待しつつ役場の写真を撮っておかねばと誓う年初めでした。

新年。もっと大切なことを誓うつもりでしたが重要な仕事の目標は明日以降に持ち越しです。

東京からお客さんを迎えたお正月の疲れ=ダメージは意外と大きいものがありました。都会人は疲れます。

写真はお正月に訪れた桂浜。岩にたたずむウミネコ。古い役場とは何の関係もありません。

義父、日高村の人情に感動する

夕方、東京から来た義父が散歩に出たっきり帰ってきません。

まあ日高村沖名で事故に巻き込まれることもないので放っておくと、数時間後、興奮して帰ってきました。

「信ちゃん(私のこと)!ここはすごいぞ!東京では考えられない!」

話を聞くと、散歩の途中で地元のいろんな人と会って、いろんな話をしたのだそうです。義父の口から加茂とか長崎などの地名や〇〇さんとか日高村の土地や人の名前がたくさん出てきました。

「僕よりも友達が多いじゃないっすか」と笑う私を無視して義父は話を続けます。

「東京で毎日散歩に行ってるけど、こんなに人と話したことないぞ。東京とは違う。ここは楽しいな」

東京といっても義父の住んでいるのは秋川。八王子よりもさらに山奥です。しかも出身は宮崎県都城。しかし50年東京に住んでいるので東京代表発言も勘弁してあげます。

日高村には本当の人情があるそうです。

まあよくわかっている義父ですが、問題は義父の話は長くてつまらないので沖名の皆さんにご迷惑をかけてしまったと思います。

 

高知に住んでみて良かったこと

年末から日高村の私の家に来ている義父の体調がとても良いそうです。

東京にいるときは毎朝、蓄膿症と花粉症が悪化して鼻血が出ていたそうですが(なんじゃそりゃ?って感じですが)、日高村に来て両方ともすっかり治ってしまったそうです。

毎朝が快適だそうです。

もちろん日高村でも普通に病気もあるし時々亡くなる人もいます。それでも東京の汚れた空気と濁った水とまずい食べ物で暮らしている人が、こっちのきれいな空気と清潔な水と新鮮でおいしい食べ物で暮らせば、たいていの病気は治ってしまいます。

30年アトピーだった人が高知に引っ越してきてきれいに治った話も聞いたことがあります。

にもかかわらず東京からこっちに遊びに来る人が、高知と日高村を少し下にみる傾向があるので困ります。

「東京から高知に住んでみて良かったことある?」

と聞かれたことがあります。まるで良いことなんかないみたいな聞き方です。

「東京に良いことなんかありますか?汚い空気と濁った水と(以下悪口になるので省略します)」と答えました。

東京は自分の住む環境の悪さに気づいていない人が多いようです。これを書いている今、日高村の夜空に広がっている満天の星を見せてあげたくなります。

また、東京でちょっとうまくやってきた人は、トマトや清水サバ、うつぼや日高村の売り方をいろいろと教えてくれる人もいます。

そんな人には「高知も私もあなたに教わることは一つもありません。むしろあなたの方が高知から学ぶことがたくさんありますよ」と言います。

そう言われるとたいてい皆さんカンカンに怒ります。

怒る東京人と司牡丹を飲むのも風情があっておいしいものです。