高知へ移住する理由

高知へ移住したと言うと、自然が大好きか、日本酒が大好きか、よさこいが大好きか、その全部が好きかだと思われます。

しかし私たち夫婦はそのどれも好きですが、大好きってわけではありません。

薪の風呂がどれほど素晴らしいかを教えられても、風呂くらいボタン一つで沸かしたいですし、 “高知へ移住する理由” の続きを読む

東京の空

「智恵子は東京に空は無いといふ」

最初にこの高村光太郎の詩を読んだ時、東京に住んでいた私は「智恵子は何を言っているんだろう?東京にも空はあるのに」と思ったものです。

今、高知に住んでいると智恵子の言う意味がよく分かります。 “東京の空” の続きを読む

天気のリスクをヘッジする

こう毎日、日照りが続くと、自然農法をやっている友人が心配になります。

以前彼は「高知で農業をやるのは博打です」と言っていました。

猛暑、台風、先日の豪雨、それにいつか必ず来る南海トラフ大地震と高知の自然は極端に変化が激しく、農業もそれに左右されざるをえません。 “天気のリスクをヘッジする” の続きを読む

夢のUFOラインを走る

バイクで走るのが夢だったUFOライン(表題写真)をツーリングしてきました。

日本中にスカイラインと名乗る道はたくさんありますが、その上を行くUFOと名付けられた道はここだけではないでしょうか。

本当に空を走っているような道でした。高所恐怖症の人には少し厳しい道かもしれません。バイクで雲になって空を泳いでいるような未体験のツーリングです。 “夢のUFOラインを走る” の続きを読む

9月に鍼灸院を開業します

9月に鍼灸院を開業することにしました。

来年の3月まで地域おこし協力隊の任期は残っていますが、協力隊には任期の延長がなくどのみち次の仕事を考えねばならないのと、村内で起業して少しでも村内経済に寄与することが、より長期的な地域おこしになると考え、早めに協力隊を退職して本業に戻ることにしました。 “9月に鍼灸院を開業します” の続きを読む

よそ者のふるさと

家の周りを飛んでいる野鳥の名前を図鑑で調べていたら、載っている写真の撮影場所が八王子だの日野だの府中だのと私の生まれ故郷、東京多摩地方でした。

かねてから高知県日高村は私のふるさと、東京都八王子市によく似ていると思っていましたが、飛んでる鳥がだいたい同じってことは、まんざら私の印象も間違 “よそ者のふるさと” の続きを読む

高知で迎える年の暮れ

おかげさまで高知に移住して2度目の年末を迎えることができました。

同じ日本の同じ年末年始でも住み慣れた土地を離れるとまったく印象が違ってきます。

変化のない日常もそのすぐ外側には未知の新しい世界が広がっていることを移住が教えてくれました。世界は広い。40回以上経験した年末年始も今年は特に新鮮です。

また高知が自分には合っているように感じます。

来年は地域おこしの最終年。オムライス街道のさらなる発展を手伝います。

来年もよろしくお願いいたします。




牛串がやめられない

この手の移住ブログは、どれもこれも高知の変わっているところ、特別なところを協調して注意を引こうとします。悪い癖です。

忘れちゃいけないのは高知も日本。基本的には他の地域と同じはずです。

ガソリンの値段が高いのも、イベントで食べる牛串が異常においしいのも、高知の特徴ではなく、私がこっちに引っ越してきたタイミングでたまたま日本中でガソリンの値段が上がり、牛串がおいしくなっただけかもしれません。 “牛串がやめられない” の続きを読む

フクロウの声が聞こえる家

酒を飲んだ夜、田んぼ道を歩いて家へ帰る時ほど、日高村へ越してきた幸せをかみしめる時間はありません。

空気がミネラルウォーターのように透明で、飲んだ後に吸い込むには最高です。

空には満天の星。

今日は気の置けない職場仲間との飲み会だったのでなおさら帰り道が楽しい。

新宿、池袋、川越、ちょっと二酸化炭素が濃すぎます。

家に帰ってきたら裏山でフクロウがのどかに鳴いていました。

フクロウも鈴虫も、この時期は我が家の住人です。