3秒の静寂

カエルが鳴いています。

それはもう24時間ひっきりなしにカエルが鳴いています。

家の前にある広い田園地帯に住むカエルなので、その数も千や2千ではありません。鳴き声の勢いから想像すると少なくとも10万匹はいそうです。

その10万匹のカエルが昼夜を問わず鳴き続けています。

ところが、

一日中家で仕事をしていると、何かの拍子にこの10万匹のカエルの合唱が止まる瞬間のあることに気がつきました。

田んぼにいるカエルが全員突然ピタッと鳴き止むのです。

その奇跡のような静寂は3秒ほど続き、やがてまたおもむろに10万匹の大合唱が始まります。

何がカエルを黙らせるのかは分かりません。

トンネル工事のダンプカーが近くを通おっても平気で鳴き続けているカエルたちです。

カエルは何に驚いて歌をやめるのか。

おそらく人智を超えた巨大な何かが田んぼのカエルを畏れさせ、歌をやめさせるのではないでしょうか。

神仏の存在を感じる奇跡の3秒間です。

今夜もカエルたちは鳴いています。

 

表題写真は、今日太陽の周りに出ていた丸い虹。




コメントを残す