3年かけて好きになる

高知に来て3年。最近ようやく高知名物のモーニングを好きになってきました。

朝、コーヒーとトーストで過ごす時間をとても贅沢に感じています。

たまたま仕事や遊びで朝早く出かけなければならない時に、モーニングをやっている店に寄ってみて、じょじょにはまりました。

生まれ育った東京多摩地方では、朝わざわざ外へ出てトーストを食べようとは思ったこともありません。そもそもあっちでは午前11時より早い時間にやっている飲食店はないのではないでしょうか?

マックとかファミレスにもモーニングはありますが、あれは家で朝食を食べられなかった可哀そうな人が行くところというイメージがあります。

そんな環境で育ったために、高知に来てからもなぜモーニングへ行くのか理解できずにいました。

食パンはスーパーへ行けば一袋70円で買えるのに、わざわざ早起きして500円も出して食べるなんて、と実は今でも理屈ではそう思っています。

それでも行きたいモーニング。

店で食べるトーストとコーヒーはやけにおいしく感じます。

高知では夜の営業はなくても、モーニングはやっている飲食店ばかりです。

一日中モーニングメニューが食べられる店さえあります。

どこも基本トーストとコーヒーばかりですが、店ごとに味のバリエーションがあるのかもしれません。

モーニングの楽しさがわかると高知ライフの幅も広がりそうです。

 

表題写真は土佐市高岡イワゴーのモーニング。




コメントを残す