11月のアイス詰め放題

11月に入っても半袖で過ごしています。

土佐が南国だからなのか、地球が温暖化だからなのか、まったく寒くありません。

そんな温かい冬にピッタリなお祭り、高知アイスのファン感謝祭へ行ってきました。

お祭りの目玉企画は、アイスの詰め放題。

1500円で22個のアイスを無理やりビニール袋に詰め込みました。

1個70円くらい相当になります。

高知アイスは普通に買うと1個150円とか200円くらいするので、とてつもなくうれしいイベントでした。

うれしいついでに、家に帰って高知アイス22個をネットで買うといくらくらいするのか調べてみたら、最大で8000円というショップを発見。

1500円で8000円分のアイス。こんな気前のいい詰め放題がほかにあるでしょうか?

ありました。

夕方、レストパークいのへ行くと、今が旬の山北みかんの詰め放題300円に遭遇。

1.1キロの甘い山北ミカンをゲットしてきました。

アイスも野菜も高知県産のものは生産量が少ないので、私がうろついていた埼玉や多摩などの東京郊外ではほとんど手に入りません。売っていてもものすごく効果です。

安くて手に入りやすい高知県産はショウガくらいでしょうか。

国産の栗なんかは、埼玉では見たことすらなかった気がします。

それがここ高知では外国産の栗なんて見たことありません。一袋200円の高知産を今年は山ほど食べました。例えると、寿司の特上を毎日食べるような究極の贅沢です。

ただ200円くらいだと味のばらつきはありますが、たいていはおいしいのに当たります。

春にはタケノコがこんな感じです。高知のタケノコなんて東京にあったら超高級ブランドで、セレブしか買えないはず。

高知の野菜を東京へ持って行って売れば大儲けできるかも、そんな妄想に浸った一日でした。

写真は、高知アイスファン感謝祭で売っていたピザ。




コメントを残す