高知市中央卸売市場の秋祭り

21:45現在、日高村には台風18号の自主避難情報が出ています。避難所が開設されました。

しかし、外は実に静かです。いつもの夜と同じくのどかに秋の虫が鳴いています。台風が来るなんて信じられません。

そんな台風を待ち受ける緊迫感あふれる高知で昼間、卸売市場の秋祭りがありました。

高知に来て以来あこがれていた場所です。

本当は月に一回の一般開放の日に行きたかったのですが、連続20回近く行きそびれた末の今日の秋祭り。期待を裏切らないおいしいものだらけのお祭りでした。

表題写真は、お祭り開始30分前の様子。すでに(私を含め)たくさんの人がいます。テーブルクロスの白がまぶしい。

高知沖で獲れたという本マグロ。この後のショーの主役です。すぐに「解体ショー」でバラバラに…。

しらす丼200円。もし高知から離れることがあれば、これを一番懐かしく感じると思います。東日本では食べたことがないおいしさ。永遠に食べ続けられます。しかも200円!たいていどこのイベントでもしらす丼は200円程度です。こんなにおいしいのに。

そしてもちろんこれ。

カツオのたたき。これぞザ・高知。最近、新子ばかりを追いかけていて、これをすっかり忘れていました。やっぱりおいしい。

しかし、今日も新子には巡り合えず。今年は不漁だそうです。

次回は、10月7日(土)に市場の一般開放があります。

川越時代もよく卸売市場へ行っていました。海のそばの高知の卸売市場、すっかりファンになりました(台風が近づいているというのにのんきな一日でした)。

夕方、派手な音とともに携帯に入った緊急速報メール。こんなメールもらうの初めてです。もっと緊張しなければいけないのかもしれません。




コメントを残す