高知と東京の違い

高知には行列のできるつけ麺屋がないと思っていました。

今日、久しぶりに仕事ですが東京に帰ってみて高知と東京では味覚が大きく違うのではと思いました。

何かの本で日本は東と西ではまったく違うという説がありました。

たまたま今日、東京で有名なつけ麺屋の前を通ったので、高知人の同僚3人とせっかくなので並んでみました。約一時間後出てきたつけ麺を見て、高知の3人のテンションがだだ下がりになりました。無言で、しかも辛そうに食べる3人。一人が「これはラーメンやない」と悲しげにつぶやきました。

このラーメン(つけ麺)がまずいわけではありません。むしろおいしいつけ麺でした。単純に味覚の違いだと思います。高知につけ麺屋が少ない理由がわかった気がします。

ちなみに私は高知自由軒のラーメンが一番オススメです。

もうひとつの違い。

高知は基本的に車社会で、どこへ行くにもドアツードア。ほとんど歩きません。

電車がメイン交通の東京はよく歩きます。乗り換えの時、駅の階段。今日は京葉線だったので東京駅をずいぶん歩きました。

そこで不思議に感じたのですが、東京の方がよく歩くのに、高知の人の方が健康なのはどうしてだろう?

高知の方が空気と水がきれいだからではないかと思っています。

明日が日高村プロモーション本番です。

写真のラーメンは本文とは関係がありません。

コメントを残す