高知でやりたい2つのこと

いつも何かと気をかけてくれる村のご住職からメールがありました。

「土佐和紙工芸村へ紙すき職人に会いに行くのでご一緒しませんか?」

新年早々うれしいお話です。高知と言えば手すき和紙。かねてからぜひ一度紙すきをこの目で見てみたいと思っていたところに願ってもないお誘いです。

もちろんご一緒させていただきます。

不思議なことに今日近所の方からも紙すきのお誘いがありました。こちらは仁淀川町だそうです。

こちらもありがたく行かせていただきます。

日高村にはもう手すき和紙をやっているところはありませんが、この地域にはまだまだ手すき和紙の文化が生きています。

今年は春からたくさんの手すき和紙に触れることができそうです。

もう一つ。

高知に来て目を奪われた素晴らしいものに、手作りの石垣(石積み)があります(写真上)。

実は3月に越知町で石積み作業を手伝うことになりました。

この技術を覚えて、日高村をイタリアのような美しい石積みの村にしたいとひそかに目論んでいます。

そして、日高村の手すき和紙を復活。

新しい野望に楽しみ広がる新年です。

コメントを残す