駅弁がやってきました

義理の両親が駅弁をもって東京から高知へ来てくれました。

隠居してたっぷり時間があるからと鉄道で6時間かけてやってきました。

岡山までが新幹線で3時間。岡山から高知までが3時間。特急南風は特急の割にはのんびりし過ぎている気がします。もっと高知へ急いでほしいものです。

ちなみに東京の人は土讃線を電車と呼びますが、間違いです。

汽車と呼んでください。電気モーターではなくディーゼルエンジンで動いているからです。

なぜか高知ではこの呼び方にこだわる人が多くいます。ついつい電車と言ってしまうので何度か地元の人に注意されました。

義理の両親はお正月を高知で過ごすためにやってきました。

このお正月は、二人のほかに5人親戚がやってきます。みんな高知のおいしいものをとても楽しみにしています。

でも残念。お正月はどの店もやっていないようです。私たちの下手なお正月料理で我慢してください。

今夜はお土産に買ってきてもらった駅弁を楽しみました。

にぎやかなお正月になりそうです。

“駅弁がやってきました” への2件の返信

  1. 汽車。
    そうなんですよね(笑)
    でも僕が高校生だった頃もちろん汽車通(汽車での通学)でしたが、汽車に乗ってる女子高生達は電車って呼んでました。
    理由は天井にちゃんと電気が灯ってるからだそうです。(笑)
    この身で体験した本当の話です。

コメントを残す