食べて、祈って、恋をして

昨日の福島の地震は東日本大震災の記憶をよみがえらせました。だからという訳ではないのですが今日から四国八十八か所巡りを始めました。まずは徳島一番札所霊山寺へ。歩きではなく車で。

東日本大震災を私は埼玉県川越の病院で患者さんと体験しました。患者さんは30代の物静かな女性で末期のすい臓がんを患っており地震から数週間後この病気で亡くなりました。悲しげな微笑みを今でも思い出します。ご主人と小さな女の子が残されました。

実は八十八か所のお寺を訪問するのは今回が初めてです。高知に住んでいながら高知県内の八十八か所にも行ったことはありませんでした。お遍路さんはとても有名なので、観光化されたお寺を勝手にイメージして今日初めて訪問した霊山寺は真剣に祈りを捧げる人が集まるお寺でした。ピンクのジャケットを着てきた妻はとても後悔していました。

高知で約8か月観光の仕事に従事してきましたが、霊山寺で手を合わせる人を見て、四国に対する観光客(お客さん)のニーズは楽しみよりも祈りにあるのではないかと考えました。祈りの旅をする人は世界中にたくさんいます。世界三大宗教のキリスト教、イスラム教、仏教では巡礼が大事な信仰の一部ですし、日本でも熊野古道など有名な祈りの道があります。もちろん四国のお遍路は日本を代表する祈りの道です。祈る旅を通して人生や心を見つめ直そうとする人をサポートする観光。1,200年間四国がやってきた「おもてなし文化」を観光業にもっと取り入れれば潜在的な需要を高知でももっと掘り起こせるのではないでしょうか。映画「食べて、祈って、恋をして」イン四国はどうでしょう?

2番札所の極楽寺にお参りした帰り、不思議な犬に会いました。

昼ごはんは「いのたに本店」で初めての徳島ラーメンをスープまで飲み干し

阿波踊り会館では実演を見て感動し、何とか高知でも阿波踊りの練習ができないものかと考えながら帰ってきました。

コメントを残す