雨と太陽で勢いづく自然

職場にヤマモモの実が回ってきました(写真)。

高知県の花として有名ですが、実は食べたのは初めてです。

ヤマモモだけでなく今は様々な野菜が最盛期を迎えています。

しかし元気なのは野菜だけではありません。

夜になると大量の生物が家の中に侵入してきます。

デカい蜘蛛は当たり前、もう放っぽらかしです。ムカデは火ばさみで捕まえて、跳ね回る小さな子ガエルはドタバタ追いかけっこして、ようやく外へ出しました。

外では毎日ヘビが歩いています(這っています?)。あるいは車に轢かれて死んでいます。

もちろん雑草は伸び放題。たいていいつも草刈りをさぼっているので庭と畑は今ジャングルになりつつあります。

こう毎日いろんな生物を見ていると、家の周りにいるハチとクモとトンボと蝶については、何をしたがっているかなんとなくわかるようになってきました。

例えば、家に入りたがっているか、家からどこか遠くに行こうとしているかはだいたいわかります。

このクモ家に入りたがってるなと思って、玄関を開けるとほぼちゃんと家に入ってきます。

よく知り合ってみるとかわいいやつらです。

 

今日も梅雨の間の晴れ間で気温が急上昇。蒸し暑い一日でした。

明日は台風が来ます。

雨と晴れでまた生物たちが大騒ぎになる予感がします。

静かな冬が懐かしい。




コメントを残す