関東からの視察団をお迎えする

写真は、日高村オムライス街道プレゼングッズです(お茶以外)。

楽しそうな雰囲気が伝わりませんか?

今日はこのグッズを使って、関東地方のとある自治体からやって来た議員さんの視察団を相手に、オムライス街道のプレゼンが行われました。

東京近郊の最近急速に発展している地域です。私はその隣街で鍼灸の勉強をしていたので懐かしい地域でもあります。

オムライス街道が関東の人の目にどんな風に映るのか、とても知りたいところではありますが、短い時間で本音を聞き出すのは無理でした。

 

オムライス街道はとても低コストで運営されていながら大きな効果を上げているプロジェクトです。

もっと褒められてもいいと思っています。

ところが、行政の世界では低コストはあまり評価されないのではないかと最近疑い始めました。

国や県からできるだけ多くの予算を取ってくるプロジェクト、つまりおカネのかかる施策の方が村に入るおカネも多くなり行政内部からは高く評価される。さらに言うと結果の出ないプロジェクトの方が予算も継続されるので歓迎されるのではないかと考え始めました。

おカネをかけずに高い効果を上げるプロジェクトは、行政の世界で歓迎されない。最近ある人からアドバイスを受けました。

「もっと役場で認められたかったら、もっとカネのかかる企画を役場に出さんと!」

まあ私のことを嫌いになっても、オムライス街道は嫌いにならないでほしい。

これからも低コストでオムライス街道の価値を世界に向けて発信し、その価値がわかる人を世界に増やしていきたいと思っています。

日高村オムライス街道HPはこちら




コメントを残す