都会のカツオ

高知人は鰹(カツオ)が大好きです。

スーパーの刺身売り場では一年中カツオが一番大きなスペースを占めていますし、他のメニューがどれほどおいしくても旨いカツオが出せなければ一流の居酒屋とは認められません。

高知社会はカツオで回っています。

そんな高知の生粋の高知人サラリーマン数人が出張で東京へ行きました。

一日の仕事を終えた彼らは、いつものように「刺身で一杯」をするために都会の繁華街で居酒屋に入り「刺身の盛り合わせ」を注文すると、出てきた刺身の中に一つだけどうしてもわからない魚があります。

太平洋の魚のことなら何でも知っている彼らでもその刺身だけは何の魚なのかさっぱり見当がつきません。

そこで店員を呼んで「この刺身は今までに見たことがありません。これは何という魚ですか?」と聞くと、

店員は怪訝な顔をして答えました。

「これはカツオですよ」。

 

東京で食べるカツオと高知で食べるカツオはまったくの別物です。鮮度ひとつとっても圧倒的な違いがあります。

東京で初めてのカツオと出会った高知サラリーマンたちは怖くて食べられなかったそうです。

「なんか真っ黒やったき」。そう言っていました。

写真は高知県中土佐町の「カツオのたたき」。




コメントを残す