追熟せよ

追熟という言葉は高知に来て初めて知った言葉です。

収穫してからすぐに食べることはせず、食べ頃に熟すまで置いておくことを追熟といいます。

日高村産フルーツトマトはこの追熟が特に大事で、追熟をしないと甘さのないただの酸っぱいトマトの場合も。

「どこがフルーツなんじゃ!」とお怒りの声が聞かれることもあります。

日高村産フルーツトマト、特にブランドのシュガートマトは水分が少なく皮が強いので、冬のこの時期は室温で1~2週間保存しても痛むことはありません。

真っ赤になるまで、それこそ黒に近いような深い赤に色が変わるまで熟させると、甘い甘いトマトになります。

こうして偉そうに追熟について語らせてもらいましたが、最近ようやく追熟の方法が身についてきました。

新鮮な方がうまいと頭から思い込んでいたために、どうしても早く食べがちに。

フルーツトマトは勇気をもって長い追熟を。

 

今日は久しぶりに畑の手入れをしました。

厳密に言うと、何の手入れもしなかったので昔畑だった今は荒れ地の草刈りです。

すると、雑草の中にしっかりと成長した綿が。

植えたことなどすっかり忘れてほっぽらかしにしていたのに、立派な綿ができていました。ある意味追熟成功です。

問題は綿の使い方を知りません。とても柔らかくふわふわしているので、これを糸にできたらすごくいいのですが。




コメントを残す