車のお祓い

今朝、家の前の空き地にあった1メートル四方くらいの岩を、近所の工務店さんがトラックでどこかへ運んで行きました。空き地の岩があった場所に、工務店さんは日本酒をお供えしました。

高知県は日本で一番神社の多い県だけあって、神様を敬う光景をいたるところで見ることができます。

工務店さんの美しい行為に触発されたのかもしれません。今日は車のお祓いに行くことに決めました。

高知に来てから少し意外に思っていたのですが、高知では神社のステッカーを貼っている車をほとんど見ません。

関東では神社のステッカーを貼っている車は珍しくありません。私の故郷、東京多摩地方では高尾山薬王院や高幡不動尊に行くと車のお祓いコーナーがあってドライブスルーのようにお祓いを簡単に受けることができます。多摩では毎年神社に行ってはステッカーをもらい何枚も車の後部に貼っている人もいます。

今気づいたのですが、薬王院や高幡不動尊は神社なのでしょうか?お寺のような気がしてきました。

ところで、私の車には川越氷川神社のオレンジ色のステッカーが貼ってあります。

高知でステッカーを貼っている車をたまに見かけると神社ではなく新興宗教のステッカーが多いので、私もその関係の人と思われるのではと少し不安です。

今日は高知一宮、土佐神社で車のお祓いを受けました。国の重要文化財の社殿はとても見事で感動しました。その神聖な社殿の前に車を回し神主さんにお祓いを受けていると、うしろから参拝者の皆さんの好奇の視線を感じました。

「あれ何?」「車にお祓いしてるが?」。気のせいかクスクス笑う声も聞こえました。いつの間にか神主さんと私たち夫婦のうしろに立ってお祓いの様子を見学する人までいました。

とにもかくにも車にお祓いができて気分は爽快です。

実は土佐神社からもステッカーをいただきました。しかしそれを貼るかどうかは今悩み中です。

コメントを残す