豊洲と築地は同じと知る

義母と嫁と連れ立って豊洲と築地の市場へ。

なまじ高知に住んでうまい魚を少しばかりかじっていたので、実は豊洲だの築地だのを見下す気持ちがありました。

トラックや飛行機で何時間も旅した魚がうまいはずはないと。

ところがうまかったのです。

写真は豊洲市場で食べた仲家のうにいくらなかおち丼1,800円。

むちゃくちゃうまくて驚きました。

長崎の島で育った義母が「子どもの頃、浜辺で食べたウニと同じよ。甘い」などと言って感動するほどです。

「このウニは醤油をかけちゃだめ。よいウニだからそのままで食べるの」と私たち夫婦がたっぷり醤油とワサビをふりかけて食べた後に教えてくれました。

さらに加えて、入口の看板に「かつお刺身600円」とあったので、少しばかり高知に住んでいた私としては見逃すわけにはいきません。

豊洲かつお刺身

600円で「どればあ」くるかとおもいきや、来たのはたったの3切れ。もはや小鉢です。

ただこれもうまい。高知で食べるのとそん色ない新鮮さです。

全然生臭さはありません。

どうやって新鮮なまま東京までやってきたのか。実に不思議です。

豊洲市場。さすが日本の台所を名乗るだけはあります。

ところで、豊洲市場はこれで終わり。

他にも一般の人が買える店の集まったフロアはありました。それなりにおもしろいもののどうもぱっとしません。豊洲はプロのための場所で私たち一般人の入れる場所は限られています。

一般人用の店は乾物屋と玉子焼き屋ばかりで、魚も野菜もすみっこにちょこっとあるだけ。

これが日本の台所なのか。全然物足りない。

同じ思いを持つ一般人が他にもいるらしく、そこかしこから「築地の場外市場の方が店も多いし、新鮮な食材も買える」と声が聞こえてきたので、急きょバスに乗って築地へ。

築地場外市場は世界中から観光客の集まる観光地でした。飲食店ばかり。

豊洲よりも人はたくさんいてにぎわっていますが、魚屋も八百屋もそんなにはありません。ただ豊洲と同じく玉子焼き屋だけはそこかしこにあります。

どうも基本的に豊洲も築地も大きな袋を持って食材を買いに行く、いわゆる市場ではないようです。両者ともお腹を空かせて行く飲食店街でした。

おいしいものは本当にたくさんあります。値段を考えなければの話ですが。

高知では和牛串は500円。築地ではそれが5000円になっていました。




コメントを残す