豊かさの代償

自分の住む場所で豊かに暮らしていると、あまり外に出ようとはしなくなります。

埼玉県川越に住んでいる頃、美味しい店、愉しいことを求めていつも移動する生活を送っていたのとは大きな違いです。

日高村は小さな村ですが、40年ほど前に3つの村が合併してできた村です。面白いことに今でもこの3つの地域の間ではほとんど交通がありません。それが隣町のことになればなおさらその傾向が強くなります。

隣の佐川町にうまい酒が飲める場所があるのか?

日高村に越してきて1年。昨日までまったく知りませんでしたし、実は興味もありませんでした。豊かさゆえに周囲に目が向かなくなる弱点です。

昨日訪れた佐川の居酒屋「御酒屋」はもっと早く出会いたかった店でした。ネット情報によると港町須崎からも汽車に乗って鰹のたたきを食べにくる客がいるほどの銘店だそうです。加えてさすが司牡丹の地元だけあって、いつもの司牡丹よりも3割増しくらいおいしく感じました。

人生で食べた中でトップスリーに入る唐揚げ(写真上)。トップワンとツーを思い出せないので実質暫定1位です。

カプレーゼ?(写真下)「?」が付くのはメニュー名をうろ覚えだからです。

トマトはなんと熊本産!トマトの産地のど真ん中に店を構えていて、あえて地元産を使わないところに店主の味への妥協を許さない探求心を感じます。

今回は鰹のたたきがなかったので鰹がありそうな時を狙ってまた行きます。




コメントを残す