讃岐うどん記録(2)と香川の大雪

こだわり麺や「冷たいぶっかけの中」(写真)。

 

岡山に所用があり朝6時に日高を出発。途中、高速道路の掲示板で「大野原ー善通寺間、雪のため通行止め」の表示を見るも、高知はきれいな晴れ空。

新宮インター、川之江ジャンクションと過ぎても変わらず快晴、大野原で高速を降ろされても多少雲は出ていたものの天候は穏やかでした。

しかしすれ違う車はなぜかみなボディに雪がべっとりと張り付き、ナンバーも雪で隠れている車もチラホラ。前方の空を見ると怪しげな黒い雲が広がっています。

岡山のカキが食べたいので、かまわず国道を善通寺方面へ向けてさらに進むと、急に空が曇り、横殴りの雪が降りだしました。

進むほどに雪はますますひどくなり、やがて車の流れも止まり渋滞が発生、ピクリとも動かなくなりました。しだいに道路にも雪が積もり出したので、しかたなくUターンして高知へ帰ることに。

「こんなに雪が降っていると岡山へ行っても帰れなくなる。」

そう自分に言い聞かせながら、元来た道を戻っていると、反対車線に丸亀マラソンへ向かう選手を乗せた高知から来た観光バスが渋滞に巻き込まれています。

「丸亀マラソンもこの雪では中止だろう。」そう思いました。

せっかく香川へ来て手ぶらで帰るのももったいないので、食べたのが上記「こだわり麺や」のぶっかけうどん。朝からやっていてくれて本当に助かりました。

ここはチェーン店ですがとてもおいしい店です。

それにしても平地の高速道路が通行止めになるほどの大雪。当然、香川全土も大雪のはずだと勝手に思い込んでいました。

東京の雪があれほど毎日報道されるのだから、香川のこの大雪も絶対全国ネットのテレビでやるはずだと思って夜ニュースを見てもまったく報道されません。おかしいと思ってネットのニュースを見たら丸亀マラソンも無事に開催されたと。

本当に大野原から善通寺だけの部分的な大雪だったようです。

高知は今日も一日快晴。大雪の幻でもみたような不思議な感じで一日を過ごしました。

四国の多様性にはいつも驚かされます。




コメントを残す