讃岐うどんを記録する(H30年1月13日)

四国八十八か所巡りもいよいよ香川県に入りました。

香川はすでに何度もうどんを食べに訪れています。ただ行列に並ぶのが好きではなく目についた店に適当に入るので、「香川ではどの店に行きましたか?」と聞かれても、有名店にはほとんど行っていませんし、行ったうどん屋の名前も覚えていません。

覚えているのは「香川のうどんは異常にうまい」ことだけ。

今回お遍路で香川をくまなく回るこの機会はとてつもなくうまい香川の讃岐うどんを食べまくる大チャンスです。せっかくなので訪れたうどん屋をこのブログで記録しようと思います。

いわゆるうどん通のブログやSNSを見ると、うどんの形状や味、出汁の種類などいろいろ詳しく書いてありますが、私はまだ香川のうどんは全部おいしく感じています。基本的にうまいかまずいか、塩っ辛いか塩辛くないかしかわかりません。

そこでこのブログでは、基本的にうどんの味や感想は書きません。香川でうどんがうまいのは当たり前なのでうまいとも書きません。万が一、運悪くまずいうどん、塩っ辛いうどんに出会ってしまった場合にだけ書きます。基本、記録と写真だけ。

☆「ひちふく亭」観音寺市…天ぷらうどん390円

☆「うどん福真」三豊市…冷たい温玉ぶっかけうどん(小)400円

値段は不確かな記憶に基づいています。

書かないつもりでしたが、やっぱりうまい。

表題の写真は、66番雲辺寺から見た雪景色。




コメントを残す