讃岐うどんまでの100キロメートル

香川県に行くことがあると、当然のこととして讃岐うどんを食べて帰ります。

高知のうどんもとてもおいしいのですが、香川のは日本中のどこと比べても別格です。

以前は、うどんのようにありふれた食べ物で感動するなんて想像したこともありませんでした。

香川では、どこの店に入ってもうどんで感動できます。

高知から香川県丸亀市までは距離にして約100㎞、車で1時間半。

四国は車の渋滞がほとんどまったくない上に、信号もほとんどないので、関東の100㎞の車移動で感じるストレスもまたほとんどありません。

隣の家に遊びに行くくらいの気楽な感覚で、ふらっと県境を超えて香川まで行けます。

 

ただ、讃岐うどんは店ごとに注文や会計のシステムが異なっていて、県外者が最初に行くとどうやってうどんを食べられるのか分からずに困ることがあります。

しかし、そこは四国。

店の人も親切に教えてくれますが、周りにいる地元の常連さんも教えてくれるので大丈夫です。

たいていの場合ついでにその店一番のおすすめメニューも教えてくれます。

写真は「こだわり麺や丸亀田村店」冷たいぶっかけ中。

チェーン店とは思えないおいしさ。

また香川に行く機会が楽しみです。




コメントを残す