讃岐うどんで幸せを取り戻す

健康も行きつくところまで行きつき、身体の抵抗力・免疫力が極限まで高まった人は、例えばファストフードのハンバーガーを食べると、一晩中吐いたり下したりして体に入った添加物などの邪悪な物質を外へ排出しようとするそうです。

それがはたして健康と呼べるのか、当時この話を聞いたとき疑問に思いました。

「身体に悪いものを楽しく食べられないなんて不幸だ。少なくともハンバーガーを食べられない健康なんて自分には必要ない」と思ったものです。

話はズレているかもしれませんが、

四国に3年半住んでおいしいうどんに食べ慣れてしまうと、どうしても関東のうどんを不味く感じてしまいます。

四国で食べたような気楽でうまいうどんをここ多摩地方でも食べたいと、埼玉まで足を延ばしてみましたがどうしても見つかりません。

見つかるどころか、四国とはまったく違う関東のうどんにだんだんと身体が拒絶反応を起こしてしまい、先日はとうとう食べている途中で強烈な吐き気を催してしまい半分も食べずに店を出てきてしまいました。

このままではうどんが嫌いになってしまう。それどころかうどんを食べられない体になってしまう。

そんなことになったら恐ろしい不幸です。

とにかくもう一度うまいうどんと出会わなければ。

そこで今日はららぽーと立川にある香川から来た宮武うどんを食べてみました。

やっぱりうまい。身体にも一切拒絶反応はでません。

やはり讃岐うどんは最高です。おかげでようやくうどんを食べる幸せを取り戻しました。

フードコートを見渡すとこの宮武うどんに一番長い行列ができています。

並んでいる人がみな仲間に思えました。




コメントを残す