薪を割っていると

午後実家で薪を割っていると、下の道路を数台のパトカーが尋常ではない激しいサイレンを鳴らして猛スピードで走り去って行きました。

(患者さんがいない時はたいてい実家で薪を割っています)。

夕方テレビのニュースを見た人が、とんでもないド変態が逮捕されたのだと教えてくれました。

いったいどんなド変態なのか、私も家へ帰ってテレビのニュースを見ていましたが、いっこうに多摩市の事件が出てきません。

今日は肺炎、名古屋の火事、上皇陛下、重大な事件が目白押しで、小さな多摩市の事件が割り込む余地はないようです。

結局、多摩市のド変態が何をしでかしたのかいまだにわかりません。

たいして興味はありませんが、この事件の内容を私が知ることは一生ないでしょう。

高知にいたら、夕方のニュースを見逃がしても翌朝の高知新聞を読めば知りたいことはたいてい全部載っています。

高知で起こったこと知りたければ高知新聞を読むべし。

一方多摩市には地元で何が起こっているのか教えてくれるメディアはありません。

テレビは全国放送のチャンネルしかありませんし、地元で新聞を買っても載っている記事は全国版ばかり。新聞を取る人が少なくなるのもうなずけます。

あえて多摩市のローカルニュースを探そうとすれば、一番のメディアはツイッターになるのでしょうか。

そこで「多摩市 ド変態」で検索してみましたがヒットせず。

ツイッターでも事件の真相にはたどり着けませんでした。

 

ド変態に興味はなくても、地元で何が起こっているのか何も知らずに暮らすのはどこか寂しい気がします。




コメントを残す