絵本との再会

数十年ぶりに絵本を読みました。

日高村絵本コンクールおかげです。

不思議なことに、気がついたらいつの間にか48歳になっていたので、約40年振りの絵本との再会。

面白いことに子ども時代の感覚を思い出しました。あの頃は今よりももっと自由で柔軟でした。

柴田ケイコさんは、日高村絵本コンクールの審査員を引き受けてくださった絵本作家であり、イラストレーターでもある方です。

「おいしそうなしろくま」と「あま~いしろくま」は食いしん坊の夢を叶えてくれます。

絵本を読んでいると、いい歳したおっさんでも未来への可能性が拡がってくる気がします。




コメントを残す