知らないアイスランド人を迎える

コロナ禍で会いたい人と会えないせいだと思います。

オリンピックにまったく関心が持てません。

私の住む多摩市ではアイスランドのオリンピックチームを受け入れることになっているのですが、

今は日本人でも病院や施設に入っている人は、コロナに感染していなくても家族と満足に会えない状況です。

ただ病気になっただけ、歳を取っただけの罪なき人が、犯罪を犯した刑務所の受刑者とほとんど変わらない扱いを受けている。

そんな非人間的な状況がもう1年も続いています。

とてもではありませんが縁もゆかりもない見ず知らずのアイスランド人を笑顔でお迎えする気にはどうしてもなれません。

もちろんアイスランドに悪いイメージはまったくありません。

ところがどうしたわけか今日まで50年生きてきて、ただの一度もアイスランド人に会いたいと思ったことがないのです。

会わせてくれと誰かに頼んだことも、なぜか一度もありません。

だいたいアイスランド人の方だって、日本で一番コロナに感染している東京都民が引きつった笑顔で近づいてきたら怖がるのではないでしょうか。

最近はテレビでオリンピックの混乱とコロナの混乱が同時に報道されています。

おかげですっかりオリンピックが疫病のように思えてきました。

一日も早くオリンピックの中止が決定され、静かな日々が戻ってくることを心から祈っています。

一日も早く本当に会いたい人と自由に会える日が戻ってきますように。




コメントを残す