真夏の雑草と闘う

借りている家に付属している自由に使ってよい土地。

涼しい時は野菜を育て花を咲かせたこの土地も、今は雑草のジャングルになっています。土地があるのも楽ではありません。管理は大変です。

「まあ今は暑いし、冬になったら枯れるので放っておこう」と草刈りしないと決めていました。いわゆる見て見ないふり作戦です。

ところがこの雑草の荒れ地にヘビが出たとの情報が。もはや見て見ないふりはできなくなりました。誰かが噛まれたらいけないので、ヘビの隠れ場所になるヤブを草刈りしなければなりません。

今日の暑さの中の草刈りはさすがに大変でした。サウナの中で運動をしているようなものです。

こんな炎天下で仕事しているのは自分だけだろうと思っていましたが、遠くから稲刈り機の音が聞こえます。

今はちょうど早稲刈り取りの真っ盛り。猛暑の中の大仕事です。

 

全国の農産物消費者の皆さんへ声を大にして伝えたい。

農業は大変です。

生ぬるい気合でできる仕事ではありません(まあ、仕事って何でもそんなものですが)。

農家は、(たとえ女性でも)男の中の男、本物の漢です。

私は農業をする手前、入り口にも入らない草刈りの段階でねを上げています。




コメントを残す