盗まれる四国

うどんチェーン「丸亀製麺」のセルフシステムは社長が創り出したものだと、

当の社長本人がテレビで豪語していました。

強く違和感を感じます。

私の知る限り、打ち立て茹でたて揚げたて(天ぷら)を短時間にたくさんのお客さんに提供するセルフうどんのシステムは、香川のうどん屋が自然発生的に創り出した香川オリジナルのシステムです。

丸亀製麺が創り出したものではありません。

さらに私の知る限り、

「このセルフシステムは俺が創った」と威張り散らしている香川のうどん屋は一軒もありません。

四国の人は本当に謙虚で、素晴らしいものを創り出しても「俺が創った」と大声で主張することはほとんどありません。

だから四国には大塚製薬以外にご当地巨大企業がないのかも。

だいたい高知のゆるキャラ「かつおにゃんこ」だってそうです。

これは有名なアニメ「妖怪ウォッチ」の妖怪とウリ双子ですが、調べるとかつおにゃんこの誕生の方が先でした。

誰かがそのことをかつおにゃんこに伝えたところ、

「コトを荒立てるつもりはない。むしろ自分と同じキャラが全国区になってくれてうれしい」というような趣旨のことを語っていたと記憶しています。

丸亀製麺も同様で、丸亀の人たちは名前以外に自分たちの土地と縁もゆかりもない企業の成長を喜んでいると聞いたことがあります。

四国の人とゆるキャラの心の広さに頭が下がるばかりです。

考えてみると、

マクドナルドにしてもマイクロソフトにしても世界的に成長した大企業には創業時のアイデア盗用の噂がつきもの。

この法則を当てはめると、丸亀製麺も近い将来マクドナルやケンタッキーのような世界的大企業になるはずです。

 

写真はその昔香川県丸亀市で食べた小さなうどん屋の讃岐うどん。




コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。