白いボールのキノコ

草刈りをしていたら地中に半分白くてツヤツヤした丸いものが埋まっているのを発見しました。

どこか遠くから飛んできたテニスの軟式ボールが長い年月をかけて地中に埋まったものだろうと掘り返してみたところ、

確かに感触はゴムのよう。

ただ手に持ってみるとゴムボールには決して感じないかすかな食欲を喉の奥に覚えます。

どうやらキノコかもしれないと思ったところで、

押すとパフっと菌の粉が飛び出てきました。

キノコに違いない。

ただ名前はわかりません。

写真は土がついてしまっていますが、掘り出した時は白くて滑らかでした。

丸くて楽しいキノコなのでもっと増えてほしいと生えていた場所に戻しておきました。

それにしても今年はやけにキノコの多い年です。




コメントを残す