男のスパゲッティ

上品なイタリアンの店で出てくるパスタやピザが苦手です。

チマチマしていて食べた気がしません。

スーパーの試食を食べているような寂しさを感じます。

ピザならどっぷりとチーズの乗ったアメリカンなピザが好きですし、

スパゲッティならパスタなんて呼ばれている気取ったやつはダメです。

やっぱりガツンとしたスパゲッティでないと。

今日のランチはそんな数少なくなってしまった本物のスパゲッティを出す店の一つ、

八王子はPiaPiaのミートソーススパゲッティ巨大ベーコントッピングです(写真)。

表題は男のスパゲッティとしましたが、店内にはパスタなんて鼻で笑い飛ばすガッツリ志向の女性も数人、一人で来ていました。

本物を求める志に男も女もありません。

ともかく

PiaPiaのスパゲッティは期待通り、いや、期待以上のパワーで大満足でした。

ただ一つだけ残念だったのは、粉チーズが有料トッピングでかけ放題ではなかったことです。

スパゲッティは粉チーズを山のようにかけて食べるのが好きです。

いろいろうるさくてごめんなさい。

それにしても、

本物のイタリア人は、日本のイタリア料理店が出すチマチマしたピザやパスタを普段から美味しいと言って食べているのでしょうか?

にわかには信じられません。

もしイタリア人と会う機会があったら一度聞いてみたいものです。

もしかしたらイタリア人も自国ではパスタではなくスパゲッティを食べているのかもしれません。




コメントを残す