田舎暮らしの才能

じゃがいも(写真上)が順調に育っています。

葉っぱを見るかぎりとても健康そうです。

それでも本体は土の中なので掘ってみたらモグラに食べられて全滅ってこともあるかもしれません。

まもなく緊張の収穫を迎えます。

農業は毎日々々こつこつ努力する人でないと難しいようです。

私のようにむらっ気のあるのはだめです。

やる気のある時は楽しく土を耕したり苗を植えたりしますが、すぐに飽きてほっぽらかし。

いつのまにか雑草が伸びてジャングルになっています。

数日前にようやく草刈りをしたので、じゃがいも畑は何とか雑草に侵略されず収穫までいけそうです。

(私の持ち物ではありませんが)所有する土地が広いと管理の仕事も増えます。

うちをちゃんと管理をしようと思ったら、普段の仕事なんて本当はやっている暇がありません。

柿の木2本と梅の木1本の伐採を大家さんに頼まれていましたが、いつかやろうと思っているうちに大家さんが自分で伐ってしまいました。

最近体調がすぐれないと言っていたのに気の毒なことをしました。

裏の山に大量のワラビが生えていたので、これを収穫して大家さんや近所に配ろうと思いましたが、斜面なので足元のよい日を選んでいたら、いつのまにか成長して巨大なシダになってしまいました。

もはや収穫ではなく草刈りの対象です。

一日中、野鳥の声を飽きずに聴いている才能はあるのですが、今のところあまり役には立たないようです。




コメントを残す