甦る腰痛

高知に住んでいるときは治まっていた腰痛が、東京に戻ってきて復活しています。

高知にいた頃の体は爽快そのもの。痛いところなんて一つもありませんでした。

その前に住んでいた埼玉まではずっと腰痛持ち。

なんで高知だけでは腰痛が消えていたのか。

きっと土地柄が合っていたのだと思います。自分の健康には高知が合っているのかもしれません。相性がよいのでしょう。

ただ鍼灸師としては、どこか自分の体に痛いところのあった方が、患者さんの痛みもより身近に感じられて良いようです。

治療へのこの集中力は埼玉以来かもしれません。

 

写真は多摩センターココリア、とろとんのカツカレー。

とろとんはつけ麺とカレーの店です。

個人的にはおいしいと思いました。

ただ多摩センターの人とはあまり相性がよくないようです。

その日は土曜の昼。他の店はどこも行列だというのにここは空席だらけ。

経営が心配になります。




コメントを残す