生まれて初めてのタコス

人生50年。いまだタコスというものは食べたことがありませんでした。

(もちろん日本料理のタコ酢はあります)。

今日、新宿を歩いていたらタコス屋があったので、物は試しと寄ってみました。

タコスとは、

クレープのような皮に野菜と肉を包んだメキシコ料理(アメリカ西海岸料理?)です(写真)。

これがまた実に不思議な料理で、私が今までに食べてきたどの料理ともまったく似ていません。

形はクレープのようですがクレープではありません。生春巻き?違います。春巻きになるともっと遠くなりますし、具は野菜いっぱいでもサブウェイのサンドイッチでもありません。

ただとてもおいしい。

「こ、これは!」と思わず唸るほどではないにしてもおいしい。

たぶん新宿のあの通りを通ることがあったらまた食べます。




コメントを残す