消えた福生そば

久しぶりに福生へ。

気づいたらもうあれから一年が経っていました。

毎日でも行こう。常連になろうと思いつつ、

結局1年行かずじまい。

歳を取ると時の流れが速くなって困ります。

それに多摩市と福生が、同じ多摩地区とはいえそれほど近くはないことをすっかり忘れていました。

ランチの目当てはもちろん福生そば。

十割蕎麦の鴨せいろ(写真は去年のもの)です。

ところが、

店のあった場所に店がありません。

店は消えていました。

記憶ではだいぶ繁盛しているようだったので狐につままれたような気分です。

この悲しい閉店は私が行かなかったせいだとしか思えません。

思えば、私が東京に帰ってきて以来ずいぶんとたくさんの店が閉店しました。

自分が疫病神に思えてきます。

 

話はがらっと変わりますが、

今テレビで超一流料理人が丸亀製麺のうどんに満点を点けていました。

信じられません。

世の中本物の讃岐うどんの味を知らない人が多くて困ります。

みんながみんな四国へ行けるわけではないのでしかたありませんが知らなすぎます。

あの丸亀製麺に満点を点けるようでは、

この超一流料理人の皆さんの店へはあえて行く必要もなさそうです。

向こうから金を払うのでお願いだから来てくれと言われれば、

まあ考えてみないでもありませんが、

丸亀のかけをうまいと言う超一流料理人?

ぜひ私の打ったうどんも食べてほしいものです。

丸亀より少し不味いくらいなので合格はもらえると思います。

へたすると「弟子入りさせてくれ」と言われるかもしれません。




コメントを残す