沈黙のオリンピック反対運動

東京都民はコロナに感染することで来年のオリンピック開催を阻止しようとしている。

なんの証拠もありませんが、そんな気がしてきました。

ここ最近立て続けに新潟、八戸と旅行してきて気が付いたのは、やはり東京にはマスクをしない人が多いことです。

スーパーなど公共の場で周囲を見回すと必ず一人二人はマスクをしていません。

新潟と八戸ではどこへ行っても皆さんほぼ100%の人がマスクを着用していて驚きました。

東京にはコロナを恐れていない人が多いと思います。

かくいう私も恐れていません。そんな私がいつもマスクを着けているのは、マスクをしていないと不快に思う人の迷惑になりたくないからで、別にコロナなんて気にもしていません。

多くの東京都民がコロナを恐れていないならば、検査だってしなければいいはずなのに、せっせと毎日たくさんの検査をしてコロナ感染者を増やしているのはなぜなのでしょう?

ところで、オリンピックの開催を支持している人と私は最近一人として会ったことがありません。みんな反対しています。

この世界的な感染症の時代に、世界各地から大量の人を一か所に集めるオリンピックのようなイベントはどう考えても狂気の沙汰です。

人の移動をはじめ感染を防ぐためにやってはいけないと言われていることを世界的規模で全部やるのがオリンピック。

今は比較的おとなしい日本のコロナだって、型の異なる世界のコロナと出会い恐怖の殺人ウィルスに変異しないとも限りません。

東京オリンピックは都民にとって自殺行為、いや自殺そのものと思えます。

ところがオリンピックには表立って誰も反対できません。

オリンピックは看板に「平和の祭典」を掲げているからです。

開催に反対すれば平和に唾を吐きかけるゲスな人間になってしまいます。

特に最近のオリンピックの看板にはいつのまにか障がい者の福祉も入っているのでなおさら反対しにくくなっています。

だからといって私たち都民だってみすみすオリンピックコロナで死ぬわけにはいきません。

そこで開催を阻止するため、今都民は身体を張って検査を受けコロナに感染しているのではないでしょうか?

このまま感染者が減らなければオリンピックだって開催できないはず。

誰にも気づかれないけれども強力な、沈黙のオリンピック反対運動。

それが最近東京でコロナ感染者が急増している理由だと思われます。

もちろんこの説には何一つ根拠はありません。

私の勝手な想像です。

けれどもし来年このままオリンピックが開催されるとなれば、都民の一人として東京を守るため検査を受けコロナに感染し沈黙の反対運動に参加しなければなりません。

5回もPCRをやれば1回くらいは陽性が出てくれるでしょう。

写真は東京都立桜ヶ丘公園。




コメントを残す