沈下橋、とうとう沈下

大雨のためにとうとう沈下橋が沈下しました。

沈下橋というのは欄干のない橋で、川が増水すると水面下に沈みます。

安く作れて丈夫なので、昔の四国、特に高知ではよく作られたそうです。

上は今日の沈下橋。

これが先週金曜日の沈下橋。すでに沈下しそうです。

こちらが普段の沈下橋。秋。

ところで表紙の写真は、家の前を流れる戸梶川。今日。

あふれる寸前です。

 

西日本は大雨で大変な被害が出ています。

にもかかわらず、テレビで特番をやっているのはNHKだけ。

民放は通常の番組を放送しています。

東京に会社があるので被害の実感がないのでしょうか。

ちょっと雪が降っただけでも大騒ぎして、全然関係のない私たちに新宿駅南口のどうでもいい生中継を延々と見せつけるくせに、冷たいものです。

NHKが全国で信頼されている理由がこういう時にわかります。

 

長い雨もやみ、今夜はようやく穏やかな夜を迎えました。

しかし予報はまた大雨。

予報がはずれることを祈ります。




コメントを残す