水漏れ発生!

今月の水道代が先月の3倍に。

検針に来た人は「どこかで水漏れしているから業者を呼んだ方がえい」と言って、日高村指定工事業者のリストをくれました。

しかし今月は東京からお客さんがたくさん来ていて、家で寝泊まりした人の数もいつもの月の3倍。

高額な水道代はそのせいだろうと思って水道工事業者に連絡をしませんでした。

ところが今日になって家の裏へ行ってみると、みょうに壁が濡れています。ガス給湯器のちょうど裏側、トタン板の後ろから水が染み出ています。耳を使づけると壁の中からシュウシュウと水の漏れる音。

水道代は人間が多いせいではありませんでした。水漏れ発生です。

すぐにもらったリストを探し出して、一番上に載っている業者に電話すると「今忙しくて手が離せない」とつれない返事。気を取り直して2番目の業者に電話すると今度は「もう水道事業はやめてしまったがです」との悲しい返事。

リストには8つの指定工事業者が載っていますが、7つ目まではそんな感じで電話しても皆「今手が離せん」とか「職人が全部出ちゅう」などと言って来てくれるところがひとつもありません。

「もう誰も来てくれないかもしれない」と目に入る汗の痛さを我慢しながら、最後の希望、リストの8つ目の会社に電話すると、驚いたことに知り合いでした。載っていたのは会社の名前だったのでわからなかったのです。

「今からひょっと行くわ」と死ぬほどうれしい返事。知り合いが神に思えました。

結果的としては、水漏れは重症で修理のためには大規模な工事が必要ということになり、その旨大家さんに連絡。

私はあと1週間しかこの家にいないので、心残りではありますが、あとは大家さんにおまかせです。

ところで、なぜ水道管が壊れたのか?

恐ろしい想像ですが、もしかしたら家の地下の地盤が歪み、家がわずかに傾いて水道管がズレたのではないか?

日高村の地下深くで何か不穏な変化が起こっているのでは?

こんなことを考えてはいけないのかもしれませんが、地震の予兆かもしれない。そう思ってしまいました。

そうだとすると村内7つもの業者が忙しくて来れなかったことも説明がつきます。日高村の他の家でも地殻変動が原因の謎の水漏れが大発生しているのかもしれません。

そこで家の周りの虫や鳥に異常な動きがないか観察してみたところ、特に異常はなし。

まあ地震の前兆は考え過ぎで、ごく単純に考えれば家が古すぎるのが原因です。

古い家を維持するには大変な労力を必要とします。大家さんのご苦労お察しします。

私は実家に帰って自分の古い家の維持にこれから汗を流さねばなりません。

 

表題写真はとてもおいしかった鯵の刺身。水漏れとはまったく関係がありません。




コメントを残す