椋の餌場と化す

最近とんとご無沙汰の実家の庭を久しぶりに覗いてみると、

数十羽ものムクドリと数羽のハトが何やら夢中で土をつついています。

虫か植物の種か、どうやら餌を探しているようです。

冬になりほったらかしにしていた実家の庭は、すっかりムクドリの餌場と化していました。

ムクドリは夜になると駅前の木に集まり大騒ぎをしていますが、

いったい昼間はどこにいるのだろうと疑問に思っていたら、

なんのことはない、うちの庭にいました。

 

写真はムクドリとはなんの関係もない大栗川のシラサギです。




コメントを残す