東名横浜インターの悲劇

今日は車で義母と嫁を連れて町田のショッピングモール、南町田グランベリーパークへ。

あきる野市から高速と一般道を使い、どっぷり渋滞にはまりつつ、

「ずっと高速に乗って直接東名横浜インターまで行ってしまえばよかったですね」などと、私の道選びのミスを謝りながら、

ようやく2時間かけて南町田グランベリーパークのすぐ前までたどり着きました。

「お疲れさまでした。到着です。」

ほっとしてそういったものの、この国道16号線のバイパスからどうやって降りればいいのかわかりません。曲がる場所がないのです。

車は目的地を目の前にしながら通り過ぎ、ようやくたどり着いたグランベリーパークはどんどん後ろへ遠ざかっていきます。

左に入る側道が現れたので、なんの迷いもなくそこへ車を走らせると、カーブを曲がった先に出てきたのは東名横浜町田インターチェンジ。

信じられない光景に目の玉が飛び出ました。

数百台もあろうかと思われる怒り狂ったトラックや車が、容赦なく10か所はあろうかと思われるETCの列へどんどんとなだれ込んでます。

安全を考えるともう選択の余地はありません。

泣きたい気持ちをがまんして私もそのままETCへ。

ミスをするときは重なります。

本当は東京方面へ行けば次のインターはすぐそこ。傷口も小さく済んだのですが、

かわいそうによっぽど四国へ帰りたかったのでしょう。とっさに私が選んだのは名古屋方面。次のインターは15キロ以上先です。

さようなら町田グランベリーパーク。

目の前までたどりついた目的地からどんどん離れてゆく虚しさ。

それも、自分の右足でアクセルを踏んで離れなければならない悲しみ、自己嫌悪。

思えば私の人生はいつも同じことの繰り返し。

大切なものは、いつもこの手につかみかけた瞬間消えてゆきました。

それも自分の愚かさのせいで。

結局、南町田グランベリーパークに着いたのはそれから1時間後。

義理の母は無駄なドライブに付き合わされたにもかかわらず、私を慰めるためにピザをごちそうしてくれました(写真)。ピザ大好物。




コメントを残す