東京コロナ1万人を謝ります

ネットには無責任なことは書けません。そのためこの日記には書きませんでしたが、

7月の中旬ごろのことです。私は、

「8月になったら東京のコロナ患者は1日1万人を超えるぜ。」

と周囲に言いふらしていました。

根拠なんてまったくありません。ただ単にそう思ったからです。

ところがその後、テレビに出てくる有名な感染症の専門家がこぞって8月東京コロナ1日1万人説を主張し始めました。

神様に誓い、

日本中のどのコロナ専門家よりも私の方が早く東京1万人説を言い始めました。

調子に乗った私はますますいい気になって舞い上がり。

「ほら!俺の予想は専門家と同じだ。」と言いまくりました。

ところが、

ご存じの通り8月東京の感染者は1日1万人になることはありませんでした。

専門家の皆さんは今ではそんな予想など一度もしたことなかったかのように平然とテレビに出ていますが、

私はいちおう健康産業の片隅にいる人間として責任を感じ、この場を借りて陳謝しておきます。

大げさな予測をして大変申し訳ありませんでした。

だいたい専門家の人たちというのは、このコロナ騒ぎが始まった2年前これから東京で10万人が死ぬと見積もっていました。

あれから2年が経ちましたが、おかげさまで死者は日本全国の累計でも1万人ほど。

それでも相変わらず専門家は過去にした自己の予測を検証することなく、今日も毎日テキトーな予測を繰り返しています。

スガ総理のダメだったところとして「専門家を無視した」と言う人もいます。

しかし専門家の言うことをまともに聞いて行動していたらとっくの昔に日本の経済は崩壊していたと思います。

そうなればコロナではなく自殺者で死者が10万人を超えていたでしょう。

スガさんのダメだったところは専門家ではなく国民を無視したことにあるのではないでしょうか。

お疲れさまでした。




コメントを残す