東京オリンピックの被害者

「この夏東京でオリンピックが開催され、世界中からやって来た人たちによってコロナウィルスが日本でまた拡大したとしたら、私たち日本人はオリンピックの被害者になると思う。」

今日LINE電話でアメリカに住む義姉一家と話をしたときに私がそう話すと、

向こうからアメリカ人はそうは考えないと返事が返ってきました。

東京オリンピックを開催したら日本のせいでコロナがまた世界中に広がるだろから、加害者は日本人で、逆に世界が東京の被害者になると一家の周囲にいるアメリカ人は考えているそうです。

「日本も訴訟の準備をしといた方がいいよ。東京でコロナに感染したっていうアメリカ人アスリートがきっとたくさん訴訟を起こすだろうから。」

一家はアドバイスしてくれました。(私は主催者じゃないので関係ありませんが)。

なんとなく武漢市民の気持ちがわかるような気がしてきました。

被害者なのに世界からは加害者として扱われる人の気持ち。

もちろん東京オリンピックでコロナが拡大しなければよいのですが、

感染拡大の最大の原因は人の移動だったはず。

どうして日本はオリンピックのような世界の人たちと自分に疫病をもたらすかもしれない大博打をあえて打たねばならないのでしょう?それも何兆円も使って。

経済効果どころかオリンピックのせいで日本が貧乏国に転落する可能性もある。

街で閉店してゆく店々を見ているとそんな気もしてきます。




コメントを残す