東京の雪を教えてもらう

テレビのニュースは東京の大雪を事細かく教えてくれます。

まったく関係のない土地の天気を見て高知の人は何を思うのか、謎です。ただ私にとっては八王子や大宮など懐かしい場所からの生中継は楽しみでもあります。

もし私がまだ川越にいたら、明日は近所総出で雪かきでしょう。埼玉での雪かき最大の問題は雪の捨て場所でした。家と家がぴったりとくっついていて庭がないので、かいた雪を捨てる場所がありません。

必死に雪かきをして終わってみると自転車が埋もれて消えていました。雪は意外と重く、1,2週間後に溶けて現れた自転車はフレームが曲がってぐにゃぐにゃに。

日高村の我が家には雪の捨て場所が、それこそ捨てるほどあるのでいつ雪が降っても大丈夫です。

それにしても思うのは、東京のテレビはあまりにも東京に偏り過ぎています。これでは全国放送ではなく東京放送です。

川越線が止まっているなんてニュースにどんな全国的な価値があるのか。八王子駅前が雪で滑りやすくなっていることを知って私たちは何をすべきなのか。

謎です。

東京の人が思い上がっている原因はテレビにあるのではと思ってしまいます。「国民は俺たち(東京)のことを知りたがっている」。

地方はそれほど暇ではありません。

ついこの間まで、高知と西条、今治をつなぐ大動脈、国道194号線が事故のため数日間通行止めでした。

高知のテレビ局は謙虚なのでこの重要なニュースを八王子の人間に教えたりはしません。それどころか地元の私たちでさえ、いつ開通するのか開通するまで知りませんでした。

高知から松山へ抜けるときに必ず通る久万高原町は今雪に覆われています。

ぜひ全国放送のテレビニュースで状況を教えてほしいものです。松山へ行くのもビクビクしています。

 

ただ今月は2回、東京のテレビは日高村を全国に紹介してくれました。

普通、地方がテレビ番組で紹介される時はたいてい地方自身がその番組を買っています。まあ自作自演みたいなものですが日高村も時々それをやります。ただ全国放送の時はそれをやっていません。番組制作者が日高村の取組みに興味を持って取材に来てくれた結果です。

オムライス街道の取組みはたくさんの人に関心を持ってもらっています。ありがたいことです。

今日も国会で安倍首相が、日高の起業家女性を地方創生の成功例として実名を挙げて紹介したと聞きました。

その女性は安倍首相と今治の大学経営者のような親友関係ではないはずです。

日高村、今ノッています。東京の人のように思い上がらないように気をつけます。

写真は雨上がりの日高村。




コメントを残す