東京で鰹のたたき丼

「高知ふるさと応援隊募集相談会in東京」

地域おこし協力隊の募集イベントに参加するため日帰りで東京へ行ってきました。

集まったお客さんは1日でたったの20人。

県主催、渋谷ヒカリエの隣のビルをワンフロア借り切り、高知から9つの自治体が集まって、寝ていても100人は集められる状況です。

逆にどうすれば20人で抑えられるのか実に不思議。究極のやる気のなさがなせるわざか。

 

帰り、羽田空港第1ターミナル保安検査場を通った後に鰹のたたき丼を見つけたので、好奇心から思わず注文してしまいました。

久しぶりの東京の鰹のたたき。

もちろん高知のものとは比べ物にはなりません。それでも私にとっては故郷の刺身。たとえ新鮮さがまったくなくても懐かしい味がしました。

まあ、今後あえて食べようとはおもいませんが。

もう一つ驚いたのはネギの味の違いです。これも高知とは全く違いました。どっちがうまいかは言うまでもありません。

羽田で食べて、高知でまた同じものを食べるのも比較ができて面白いかもしれません。




コメントを残す