本物の「チキン南蛮」とは

松屋の新メニュー「チキン南蛮」(写真)を食べてきました。

どうしたわけか東京に来てから松屋が大のお気に入りで、新メニューが出ると必ず食べています。

今回は思い入れのあるチキン南蛮です。いつもよりも早足で松屋へ行きました。

チキン南蛮は宮崎生まれの料理。私の義父も宮崎生まれなので、何度も遊びに行き、行くたびに食べている大好きなメニューです。

(ただチキン南蛮は宮崎でも最近生まれたものらしく、義父はあまり食べません)。

宮崎と違い、松屋のチキン南蛮ではチキンは焼いてあり、油で揚げていません。

そうすると、チキンが完全にタルタルソースの中に溶け込んでしまい、チキンを食べているのかタルタルソースを食べているのかわからなくなってしまいます。

松屋のを食べて、あらためて宮崎のチキン南蛮がよくできていると感心しています。チキンが揚げてあるおかげで、衣がタルタルソースからチキンを守ってくれるのです。

ただテキトーに肉を揚げてあったわけではありません。そこには立派な理由がありました。

おかげで宮崎では美味しいチキンを楽しめます。

やはり宮崎のチキン南蛮は完璧です。

何か一つでも欠けてしまったら、それはチキン南蛮ではなくなってしまう。すべてが必要な食材、すべてが大切な料理法。

あらためてそのことを思い知った松屋での体験でした。

それでも松屋のチキン南蛮はタルタルソースが美味しいのでオッケーとします。

ところで、

チキン南蛮が有名な地域は宮崎県だけではありません。

あまり知る人は多くないのですが、実は高知もチキン南蛮がとても有名で、土佐のソウルフードといってもいいくらいです。

ただ、高知のチキン南蛮にはタルタルソースがありません。代わりにおいしいオーロラソースがかかっています。

それでチキン南蛮といえるのか?

タルタルソースのないチキン南蛮なんて、カレーのないカレーライス、たまごのない親子丼、麺のないラーメンのようなものではないのか?

高知のチキン南蛮を見て宮崎の人は激怒するかもしれません。

でも大丈夫。

高知のは厳密にはチキン南蛮ではありません。

「チキンナンバン」。全部カタカナで書きます。




コメントを残す