春のはじまり

実家の庭に梅の花が一輪だけ小さく咲いていました。

よく見ると今にも咲きそうな蕾もたくさんあります。

気持ちはまだ冬の真ん中。

むしろこれからが本格的な冬だと思い込んでいたのに、現実は春がひっそりと近づいていました。

季節の移ろいに心が追いつきません。

梅の花に触発され「さあ春だ」と気持ちを切り替えたのに、天気予報を見ると明日は冬に額戻り。急激に冷え込むそうです。

まったく梅は気が早い。

毎年春を待ちきれずに咲いてしまいます。

よく考えたら東京はこれからが本格的な雪の季節。

桜を見習ってもっとちゃんと春になってから咲けばよいのにと思います。

そんな梅の何をやるにも焦りがちなところ、自分自身の生き方を見ているようで小さな花を眺めていると少し悲しくなります。




コメントを残す