映画で目は疲れない

映画「鬼滅の刃」を観てきました。

ごく最近まで知らなかったのですが、

どうやら私の全身には歌舞伎と剣劇に興奮する血が流れているようです。

半沢直樹と鬼滅の刃を観るとやたら熱くなります。大好きです。

今日も映画館で2時間、夢中で「鬼滅の刃」を見つめていました。

それこそ全集中の呼吸で。

それなのに見終わったあと目が全然疲れていません。

不思議です。

小さなパソコンのモニターでさえ30分眺めていたら、目は重くなりものすごく疲れるのに、今日は映画館の巨大スクリーンを2時間瞬きもせず見つめていたにもかかわらず全然平気でした。

むしろ軽くなったくらいです。

たぶんクライマックスで泣いたせいだと思います。

良い映画でした。




コメントを残す